1. 建築・設計関係の方
  2. 株主・投資家の方

※品番や柄名を入力してください。数字品番は完全一致のみです。
※廃番後1年まで検索できます。サイト内検索はこちらから

ダイナミックレジン DR-リードアクア工法販売開始

商品ニュースTOPへ
No.117D30
2017年2月1日

 

下水道コンクリート構造物向け環境対応型塗布型ライニング工法
ダイナミックレジン DR-リードアクア工法

 アイカ工業株式会社(代表取締役社長:小野勇治 本社:愛知県清須市西堀江2288番地 資本金:98億9,170万円)は、下水道施設内のコンクリート構造物向けに「ダイナミックレジンDR-リードアクア工法」の販売を開始しました。




【発売の背景】
 
一般のコンクリート構造物では、中性化、塩害、アルカリ骨材反応等による耐久性の低下が知られていますが、下水道施設内のコンクリート構造物では、これらに加え、特に汚水中及び汚泥中で発生する硫化水素に起因した硫酸によるコンクリート腐食が著しく、施設のライフサイクルコストの低減を図るために、その対策が求められています。
以前から上記対策のひとつとして、コンクリート構造物をコンクリート腐食環境から遮断する目的で、コンクリート表面にエポキシ樹脂やビニルエステル樹脂等の有機防食被覆材料を塗布し防食被覆層を形成させる塗布型ライニング工法が数多く採用されています。
その一方で、有機防食被覆材料に含まれる有機溶剤や高濃度のエポキシ樹脂(特に硬化剤に使用されるアミン)によるかぶれ等の作業者への影響が懸念されています。
このような背景から、このたび新規特殊水系ポリマーを開発し、作業環境・自然環境に配慮した「ダイナミックレジンDR-リードアクア工法」を上市しました。


【特徴】
・水系材料での層構成となっており、作業環境や自然環境に配慮しています。
・「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル(平成24年4月)/日本下水道事業団」塗布型ライニング工法の品質規格A種・B種・C種に適合しています。

【工程】


【工程図】

 

【設計価格】
ダイナミックレジン DR-リードアクアA工法:¥11,000/㎡
ダイナミックレジン DR-リードアクアB工法:¥12,000/㎡
ダイナミックレジン DR-リードアクアC工法:¥14,500/㎡
※平成28年東京都労務単価にて算出 消費税抜き
※下地コンクリート劣化状況、下地処理方法の変更で価格は変動します。

【販売目標】
5千万円/年

以上 

注)このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、ご覧になった時点で内容が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新の情報は、 こちらよりお問合せ下さい。

ページトップ