1. 建築・設計関係の方
  2. 株主・投資家の方

※品番や柄名を入力してください。数字品番は完全一致のみです。
※廃番後1年まで検索できます。サイト内検索はこちらから

-輸送コスト・施工コストの大幅な削減にも寄与-
デザインと化学の融合により生まれた アイカ史上最高の不燃化粧板「アルディカ」発売

商品ニュースTOPへ
No.118P15
2017年6月16日


 

-輸送コスト・施工コストの大幅な削減にも寄与-
デザインと化学の融合により生まれた
アイカ史上最高の不燃化粧板「アルディカ」発売

 アイカ工業株式会社(代表取締役社長:小野勇治 本社:愛知県清須市西堀江2288番地 資本金:98億9,170万円)は、大胆で鮮やかなデザインとリアルな質感をもちつつ、大理石やセラミックタイルに比べて軽く施工性に優れた、アイカ史上最高の不燃化粧板「アルディカ」を発売します。

【発売の背景】

170616_01.jpg

 現在、建築業界は慢性的な施工職人不足問題や、物流コストの上昇問題等をかかえています。特に、石材やタイル・陶板などは、専門の職人を必要とする材料で、かつ重く、養生期間を含めると施工に時間がかかるという問題がありました。しかしその重厚感は他の素材では代替しにくく、主要な建築材料として一定のマーケットを形成しています。
 そこでアイカ工業は、M&Aにより、三菱マテリアル建材の建材事業を承継したアイカテック建材を2015年10月に子会社化しました。アイカ工業が元々有する「有機樹脂合成技術」や、メラミン化粧板国内シェア7割を獲得する原動力となっている「デザイン力」「成形技術」に、アイカテック建材が有する「無機技術」「不燃化技術」を融合させ、石や陶板にかわる新しい不燃化粧板「アルディカ」を開発しました。
 アイカ工業は、1939年に日本初のユリア樹脂接着剤を発売して以来、様々な樹脂製品を開発しており、2004年からはスマートフォンやテレビなどの液晶パネルに使われるUV樹脂をディスプレイメーカー各社へ供給しています。4K・8Kディスプレイの高精細さを支える樹脂技術を、今回は不燃化粧板の意匠性アップに応用したことで、まるで本物の石・陶板のようなアイカ史上最高の質感の不燃化粧板を開発するに至りました。また、アルディカの重さは一般的な石の約1/4であり、輸送コストの削減、間配りコストの削減につながります。また、施工方法は簡単で特殊な職人を必要としません。少子高齢化に伴い働き手が減少するこれからの時代にフィットした新しい建築材料です。

【特長】

□石材、タイル、陶板などの素材と比べ「軽い・加工しやすい・施工しやすい」
・アルディカ:6.2kg/㎡ ⇔ 一般的な石材:約25kg/㎡ と、その重さは約1/4です。
・内装壁面材用の刃物で、簡単に現場カットすることができます。
・一般的な石材に比べ、職人1人・1日あたりの施工可能面積は約8倍。また、専門の職人を必要とする石材やタイル・陶板と異なり、一般的な内装業者によって施工することが可能です。
・軽量なため、下地の強化等も不要で、接着剤や両面テープによる施工が可能です。

□石材と比較して「物流コストを削減」
・アルディカは平積みで積載できるのに対し、内装壁面用の天然石は、割れ等の破損予防のため、 Lパレットに立て掛けられて積載されます。この積載効率の違いから、運送コストは約1/6~1/4に 削減できます。

□高精細ディスプレイの技術で、素材のリアルな質感を表現
 2004年、当社はUVコート剤「アイカアイトロン AICAAITRON」を発売。タッチパネル内部電極用・アフターマーケット(保護フィルム)用・携帯電話外装ボディ用など豊富な実績を有します。4K、8K対応テレビやスマートフォン等に、「高精細」「抗菌性」「耐水性」「傷がつきにくい」「美しい光沢性」等の性能を付与してきたUV樹脂を、アルディカの表面塗装樹脂に応用。今までにない、リアルな表情の壁材が誕生しました。

□アイカならではのデザイン力
 大理石柄は、希少な石種や高級な石材を深みのある鏡面仕上げで表現。重量的に大板施工が困難な大理石や錆、積み石、目地入りのタイル柄や湿式施工のコンクリート柄を大板で用意することで省施工化を可能にしました。錆柄は、実際の錆を作製し専用エンボスをマッチングさせることでリアル感を追及しました。実際に壁面に施工することが難しいテキスタイル柄やペイズリーモチーフデザインもラインアップしています。

170616_02.jpg

□アイカならではの柄連動
 欧州でキッチン天板の定番材料となっているエンジニアドストーンは、日本でも近年人気が高まり高級マンション等で採用されるケースが増加していますが、不燃材ではないためキッチンパネルとしての使用はできませんでした。当社がもつエンジニアドストーンの「フィオレストーン」の柄をアルディカで再現することで、天板とキッチンパネルがコーディネートできるようになります。艶やエンボスにいたるまで天板に極限まで近づけるべく調整を重ねました。

□美しい木口仕上げで、細部にまで美しさとリアルさを追求

170616_03.jpg

【商品仕様】
 □二方1C木口化粧仕様
  サイズ:3×8尺(910×2,420mm) 厚さ:6mm
  小口仕様:長手2方向1C面取(木口化粧有り)、短手2方向糸面取(木口化粧無し)
 □四方1C木口化粧仕様 ※受注生産品
  サイズ:3×4尺(910×1200mm) 厚さ:6mm
  小口仕様:4辺1C面処理(木口化粧有り)

【設計価格】 ※消費税抜きの設計価格です
 3×8尺:22,000円/枚(10,000円/㎡)
 3×4尺:14,700円/枚(14,000円/㎡)

【用途】
 ホテル・マンションのエントランス壁面、キッチン壁パネル、サニタリー壁パネルなど

【不燃認定番号】
 国土交通大臣認定 NM-4093、NM-4093-1

【柄ラインアップ】
 9パターン34柄
 大理石5柄、錆6柄、フィオレストーン5柄、コンクリート3柄
 リン酸3柄、テキスタイル4柄、積み石3柄、ペイズリー2柄、タイル3柄

【初年度販売目標】
 2億円

【販売開始時期】
 2017年6月30日


以上
 

 

注)このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、ご覧になった時点で内容が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新の情報は、 こちらよりお問合せ下さい。

ページトップ