アイカ工業株式会社新卒採用サイト

リクナビ

アイカイズム

社是「挑戦と創造」

社是「挑戦と創造」「挑戦と創造」(C&C;Challenge and Creation)の社是のもと、失敗を恐れずに挑戦していく社風があります。たとえ失敗しても、それが前向きなものであればそこから多くのことを学ぶことができ、将来の成功へとつながっていきます。むしろ、失敗を恐れてチャレンジしないことの方が、会社にとってはマイナスであると考えているのです。
前向きな失敗はとがめません。チャレンジすることこそ、クリエーションのはじまりなのです。



経営理念と経営戦略

■経営理念
「アイカグループは、共生の理念のもとに、たえざる革新により新しい価値を創造し、社会に貢献してまいります。」

■経営戦略
1.素材メーカーとしての特徴を活かし、素材連携に基づいた独創性のある商品展開を進めます。

2.「地球環境の保全」と「地域との調和」を図り、環境にやさしい商品を開発します。

3.事業分野におけるナンバーワン商品を拡充します。

4.海外における生産・販売拠点の充実を図り、グローバル展開を推進します。

5.連結経営とフリー・キャッシュ・フロー重視の経営体質を構築します。


ビジネス展開
■グローバル企業として、次のステージへ

グローバル企業として、次のステージへアイカの海外進出は、1968年にマレーシアに生産拠点を設立したことに始まります。続けて74年にインドネシアにも生産拠点を設置するなど、いち早く東南アジアに進出してきました。
世界経済が大きく変化する今日では、グローバル展開をさらに強化しています。2012年にはフィンランドの接着剤メーカーであるダイネア社よりアジア太平洋部門を譲り受け、アイカ・アジア・パシフィック・ホールディング社(略称AAPH)を設立。海外拠点の拡大にとどまらず技術融合も図りながら、化成品事業と海外事業の一層の拡大を目指します。
AAPH設立を契機に、アジア諸国、オセアニアへとさらにフィールドを広げ、「挑戦と創造」の精神で、成長著しいアジア・オセアニア市場での地位を確立していきます。

■製品改革と新分野の開拓を進めます

売上高の約8割を建築市場向け商品が占める一方、少子高齢化で国内建築市場は縮小を避けられません。このような中で強く成長・発展し続けていくには、成長分野である改修・リフォーム・医療介護などへの取り組みを強化しながら建築市場で持続的に成長していくと共に、新樹脂・新技術開発による製品改革と新分野の開拓が必要と考え、自動車部品用の高機能接着剤や太陽電池部材用接着剤、液晶画面保護用のUV硬化樹脂などの、非建築分野を強化しています。
アイカの事業領域は3つに分けられますが、根幹は樹脂という素材でつながっています。この樹脂開発技術を応用しながら、化学メーカーとして高い成長を目指します。