アイカ工業株式会社新卒採用サイト

リクナビ

アイカ×あなたの技術

3つの事業領域で事業を展開するアイカ工業には、ユニークな製品がたくさんあります。
それらの製品を開発するにはどのような技術が活かされているのか、代表製品ごとに紹介します。


太陽電池用接着剤「アイカメルトHX−760」
関連分野

総合接着剤メーカーのアイカには、多種多様な接着剤があります。近年注目を集める太陽電池市場をターゲットとした専用接着剤も開発しています。


■商品説明

アイカの代表的な接着剤商品のひとつにホットメルトがあり、自動車のヘッドランプの接着などに採用されてきました。その応用分野としてアイカは早くから太陽電池に着目し、合成ゴム系ホットメルト接着剤で国内トップシェアを争う実績を挙げています。
太陽電池は、ホットメルト以外にもシリコーン樹脂系やアクリル樹脂系などいろいろな種類の接着剤やシーリング剤が使用されており、強度・作業性・価格など、目的に応じて太陽電池メーカーは接着剤を選択しているのです。 その中でもホットメルトは、常温では固形ですが加熱することで液状になり、接合部に流し込んで冷却・固着させるタイプです。アイカのホットメルトは、耐久性能はもちろんのこと、 硬化時間が短く生産性やコストメリットに優れている点が高く評価されています。


特 徴

防水性に優れ、パネルの耐久性向上に寄与   
多種多様なモジュールに使用可能

一般のアプリケーターでの自動精密塗布が可能
塗布・接着時にVOCを発生しない


■技術説明

太陽電池用ホットメルトは、耐侯性に優れたブチルゴムをベースとしています。
一般的なゴムは非常に強靭な性質を有していますが、その一方で溶融時の流動性が低く、付着力に乏しいといった欠点があります。また、従来のホットメルトは熱や紫外線の影響で劣化が起こるため、屋外で使用することはできませんでした。 しかし分子量制御や各種ポリマーをハイブリッド化をすることで、紫外線耐性・流動性・付着力を兼ね備えた接着剤にすることができたのです。


太陽電池用接着剤太陽電池用接着剤