アイカ工業株式会社新卒採用サイト

リクナビ

アイカ×あなたの技術

3つの分野で事業を展開するアイカ工業には、ユニークな製品がたくさんあります。
それらの製品を開発するにはどのような技術が活かされているのか、代表製品ごとに紹介します。


塗り床材「ジョリエースFRP防水工法」
塗り床材

アイカの強みである樹脂技術を活かし、あらゆる施設の床面を最適な条件に仕上げているのが塗り床材です。「FRP防水工法」も、塗り床材「ジョリエース」の商品ラインアップのひとつとなっています。


■商品説明

「ジョリエース」は、施設のスペースや要求される性能条件によって、耐久性、耐摩耗性、耐衝撃性、防水性などを付与する塗り床材です。多様化する現在の建築ニーズに対応すべく、複合的な機能を兼ね備え、性能を最大限に引き出す工法を揃えています。
ジョリエースのひとつの工法である「FRP(繊維強化プラスチック)防水」は、樹脂とガラス繊維などの補強材とを組み合わせて一体にし、住宅のベランダや屋上バルコニーなどで利用されている塗膜防水工法です。


特 徴

強靭な防水層で傷つきにくい  継ぎ目の無い連続した(シームレスな)床面を形成
環境に配慮したグリーンアシスト商品


■技術説明

ジョリエースFRP防水工法の中でも「高日射反射率タイプ」は、熱の影響を低減するトップコート樹脂を使用しています。最高気温が35度を越す猛暑日が珍しくない昨今のベランダや屋上バルコニーの外部面において、日射による屋内の温度上昇を抑える機能を備えています。従来品と同等の物性を発揮した上で、塗膜表面の温度上昇および塗膜から室内側への熱移動を低減します。
また、一般的な防水工法はガラス繊維マットに化学物質のスチレンを含んだ樹脂を塗布・含浸して施工するため、施工現場での臭気を抑えられないかが課題でした。これに対し、臭気の主要因の一つであるスチレンモノマーを含有しない樹脂を開発し、それを用いた「ノンスチレンタイプ」で臭気の問題を解決しています。
どちらも、環境に配慮した成分・素材で構成され優れた性能や機能を持ち、人や地球環境に貢献する「グリーンアシスト商品」に選定されています。