健康経営

健康経営に関する基本的な考え方

少子高齢化が加速する社会において、人員の確保および従業員の健康増進に関する取り組みが重要度を増しています。誰もが安心していきいきと働くことができる環境を整えることにより、従業員一人ひとりのパフォーマンスや働きがいの向上、ひいては社会課題の解決へと繋げていくことが、企業の持続的な発展に欠かせないと考えています。このような考えから、当社は2022年に健康宣言を行うとともに、重点項目を明文化しました。社是・経営理念の実現に向けて、重点項目に挙げた内容を中長期経営計画に組み込むことで取り組みを強化し、企業価値の向上や従業員の定着率向上を図ります。

健康宣言・重点項目

アイカ工業株式会社 健康宣言

当社は経営方針に「人材を最も重要な経営資源と捉え、相互理解と成長を通じ、活力あふれる人材・組織を形成する」ことを掲げています。従業員一人ひとりが最大限の力を発揮し、当社の社是である「挑戦と創造」を体現するためには、従業員の心と身体の健康が最も重要であると考えます。当社は、従業員の健康の維持・増進に積極的に取り組み、誰もがいきいきと働くことができる職場づくりに努めることを宣言します。

2022年8月22日
アイカ工業株式会社
代表取締役 社長執行役員

重点項目

  1. 健康増進への取り組み
    ストレスチェック受験率の向上、任意健診への補助、女性特有の健康課題等への取り組みを進めます。
  2. ワークライフバランスの推進
    時間外労働の低減、有給休暇の取得促進、福利厚生制度の充実等に取り組み、従業員のワークライフバランスを推進します。
  3. メンタルヘルスケアの推進
    全従業員のストレスチェック、若手社員の健康チェック等により、集団分析および個々の状況把握を行い、迅速な対応と職場環境の改善に努めます。

健康経営推進体制

経営トップを健康経営推進の最高責任者とし、人事部・産業医が中心となって、労働組合や外部機関と連携しながら従業員の健康課題に取り組みます。

メンタルヘルス

市場競争の激化や急速な変化を伴う経済環境のもと、労働者が受けるストレスはますます増大する傾向にあり、深刻な社会問題となっています。
当社は、従業員の身体の健康だけでなく「心・精神面」を健康に保つためのさまざまな施策を講じています。年に一度実施しているストレスチェックでは、個人に結果をフィードバックするとともに部門長に部門単位の分析結果をフィードバックし、職場改善に向けた取り組みを推進しています。また、秘匿性の確保された相談窓口として、外部機関を利用した健康相談窓口を設置しています。

ストレスチェック実施状況

 集計範囲2017年度2018年度2019年度2020年度2021年度
ストレスチェック実施状況 アイカ工業(株) 91.3% 93.3% 92.9% 93.2% 93.4%

定期健康診断

当社では、「法定健診」に加えて、年齢・性別・要望等に応じて「生活習慣病健診」や「婦人科健診」を組み合わせて実施し、従業員の健康管理機能を強化しています。2014年度からは、ご家族(要件あり)を含めたインフルエンザ予防接種費用の一部を会社負担とし、罹患予防も強化しています。2021年6月には、新型コロナウイルスのワクチン接種時および副反応による体調不良時に特別休暇および公欠の取得を可能にしました。

ワークライフバランスの推進に関する取り組みについては、ダイバーシティ・ワークライフバランスをご覧ください。
有給休暇取得状況や勤続状況など、健康経営に関連する実績値は、人事労務データをご覧ください。