1. 建築・設計関係の方
  2. 株主・投資家の方

※品番や柄名を入力してください。数字品番は完全一致のみです。
※廃番後1年まで検索できます。サイト内検索はこちらから

玄関洗面化粧台「スマートサニタリーエントランスタイプ」を発売

商品ニュースTOPへ..
No.121G65
2021年2月17日

 

玄関スペースでの手洗い・うがいでウイルスを室内に持ち込まない!
玄関洗面化粧台「スマートサニタリーエントランスタイプ」を発売

 アイカ工業株式会社(代表取締役 社長執行役員:小野勇治 本社:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋26階 資本金:98億9,170万円)は、コロナ禍における「新しい生活様式」に対応可能な玄関洗面化粧台「スマートサニタリーエントランスタイプ」を発売しました。

[スマートサニタリーエントランスタイプ イメージ画像]

 

発売の背景

 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、3密(密閉、密集、密接)の回避やソーシャルディスタンスの確保、マスク着用の徹底など、人びとの習慣や価値観が大きく変化しました。健康で快適な暮らしが重視される"家づくり"においても、ウイルス・細菌対策への意識が高まりを見せるといった変化が表れています。
 感染症対策の基本は「手指衛生・手洗い」であるとされ、手洗いを行う重要なタイミングの一つとして「公共の場所から帰った時」が挙げられます。帰宅時には、まず洗面所で手洗い・うがいをすることが徹底されていますが、withコロナ時代の家づくりでは、ウイルスの侵入を玄関で食い止めるべく、玄関に洗面台を設置するケースが増えています。
 こうしたニーズに応えるため、玄関周りへの設置に特化した洗面化粧台「スマートサニタリーエントランスタイプ」を発売しました。女性目線の商品開発プロジェクトにより2016年3月に誕生した「スマートサニタリー」は、カウンターのサイズや洗面ボウルの形状、表面材の色柄、収納パーツなどを自由に組み合わせることができる、デザイン性・機能性を兼ね備えた洗面化粧台です。このたび発売した「スマートサニタリーエントランスタイプ」は、「スマートサニタリー」のデザイン性・機能性はそのままに、当社の抗ウイルス建材「ウイルテクト」を使用することで、抗ウイルス・抗菌性能も付加した洗面化粧台です
 「家の顔」と言われる玄関の印象や雰囲気を損なうことなく、ウイルス対策という付加価値を提供する洗面化粧台として、住宅メーカーやビルダー、工務店を対象に拡販を図ります。

 

製品の特長

■ 「ウイルテクト」で抗ウイルス・抗菌仕様

ポストフォームカウンターと扉、サイドパネルの表面に抗ウイルス建材「ウイルテクト」を使用し、製品上の特定ウイルスの数を減少させます※1
※1 フィオレストーンカウンター、キャビネット、ボウル、水栓、地板、金物は抗ウイルス・抗菌仕様ではありません。

■ オプションで自動水栓(単水栓)も選択可能

自動水栓は、水栓に触れることなく吐水・止水が可能。汚れた手や濡れた手で水栓を触らないため清潔に保ちやすいだけでなく、水の止め忘れもないので経済的です。

■ シームアンダーデザインのラバトリーボウルならお手入れも簡単

ラバトリーボウルは、メタクリル樹脂系人工大理石のトップブランド「コーリアン®」※2製で、意匠性の高さに加え、耐衝撃性・耐薬品性・耐候性などの優れた機能が特長です。また、シームアンダーデザインは、カウンター本体とボウルが段差なくつながり、内側にコーキング処理もないため、お手入れが簡単です。さらに、カビや雑菌の繁殖原因となる汚れ溜まりもなく、清潔さをキープできます。
※2 「コーリアン®」は、米国デュポン社の登録商標です。

■ 天板素材を高級人造石「フィオレストーン」に変更可能

エンジニアドストーンの最高級ブランド「フィオレストーン」は天然水晶を主成分とした高級人造石で、より上質な空間を演出することができます。

 

製品概要

製品名 玄関洗面化粧台「スマートサニタリーエントランスタイプ」
ラインナップ 2デザイン
①玄関サニタリー&収納タイプ D395mm×W420mm
②玄関サニタリータイプ D300mm×W740mm
カラーバリエーション カウンター(ポストフォームカウンターウイルテクト仕様6点、
フィオレストーン4点)
扉(メラミン扉ウイルテクト仕様6点)
価格 ①玄関サニタリー&収納タイプ 132,700円~
②玄関サニタリータイプ 155,700円~ (いずれも設計価格、消費税抜き)

 

年間販売目標

 1億円

 

以上

注)このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、ご覧になった時点で内容が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新の情報は、 こちらよりお問い合わせください。

ページトップ