1. 建築・設計関係の方
  2. 株主・投資家の方

※品番や柄名を入力してください。数字品番は完全一致のみです。
※廃番後1年まで検索できます。サイト内検索はこちらから

コンプライアンス

企業倫理委員会

法令を遵守しつつ企業活動を行うことは企業が存続・発展をしていく上で基本となるものです。企業倫理委員会は、コンプライアンス徹底のため、必要施策の企画・立案、および同施策の推進を目的として2002年11月に設置されました。
また、コンプライアンス上の問題が生じた場合は、これを早期に発見し、適正に問題を解決するため、「企業倫理委員会の窓」への電話もしくは電子メールによる社員からの通報を受け付けています。

企業倫理委員会および内部通報制度

行動指針

法令を遵守し、全社を挙げて社会的良識に従った健全な企業活動を推進するため、「アイカグループ社員の行動指針」を策定し、当社はもとより国内グループの全社員が行動指針カードを常時携帯しています。

アイカグループ社員の行動指針

  1. 会社との関係における行動指針
    1. 明るい職場づくり
    2. 会社資産の取扱い
    3. アイカへの責任・誇り
  2. 企業活動における行動指針
    1. 事業理念の実現
    2. 自己能力の啓発と未来志向(挑戦と創造)
    3. オープンで公平・公正な競争と取引
    4. チームワークの尊重
    5. ローカルかつグローバルな行動指向
    6. 良識を持った品格ある行動
  3. 社会との調和における行動指針
    1. 健全かつ透明な関係の維持
    2. 積極的な社会参加
  4. 私的行為における行動指針
    1. 誠実・堅実・健全な家庭生活
    2. 節度ある生活姿勢、違法・反社会的行動の厳禁

コンプライアンス推進

当社グループでは、社員のコンプライアンス意識向上のため、「アイカグループ社員の行動指針」を活用し、職場単位の研修を毎年実施しています。この研修では、「行動指針」の理解力アップと、コンプライアンスの意味と必要性についての意識付けを徹底しています。また、企業倫理委員会では定期的に社内教育資料「法務ROOM」を発行して、会社の業務に身近なテーマの事例や判例などを交えながら、コンプライアンスについて分かりやすく解説しています。「法務ROOM」は、2014年3月に過去の発行分をまとめた冊子を全役員・全社員へ配布し、各職場での周知徹底を図りました。
さらに、法務監査室は経営層に対し、経営推進会議にて当社における重要テーマについて事例を挙げ、法務研修を実施すると共に、社員に対しては営業店所、工場を巡回しコンプライアンス研修を実施し、その重要性を指導しています。ここで発見された課題は、全社的な改善活動へ展開されます。

●社内教育資料「法務ROOM」
ページトップ