1. 建築・設計関係の方
  2. 株主・投資家の方

※品番や柄名を入力してください。数字品番は完全一致のみです。
※廃番後1年まで検索できます。サイト内検索はこちらから

コーポレートガバナンス

アイカグループは、国内外子会社を含め45社(2018年7月現在)で構成されており、「コーポレートガバナンスの強化」を通じて、企業価値および株主共同の利益の確保・向上を実現させたいと考えています。
当社は、監査役会設置会社を選択しています。取締役会は、経営方針、法令で定められた事項やその他経営に関する重要事項を決定し、業務執行状況を監督することでコーポレートガバナンスの強化を図っています。また取締役会は、審議の活性化を図り、経営の透明性・客観性を確保するため、会社業務に精通している社内取締役5名と独立性・客観性・専門性を備えた社外取締役2名で構成されています。
なお、当社は執行役員制度を設け、これまで取締役の監督機能と執行機能の分離を図っていましたが、社内取締役が重要な執行機能を担っている実態に合わせ、2018年6月より、社内取締役が執行役員を兼任する形をとり、執行機能において執行役員の職務分掌を明確化することで業務執行の更なるスピードアップを図っています
監査役会は社外監査役2名を含む4名で構成し、取締役の職務執行ならびにグループ全体の業務や財務状況の監査を実施しています。
また、2016年4月より任意の諮問委員会として、社外役員を主な構成員とする「ガバナンス委員会」を設置し、企業の持続的な発展と、統治機能のさらなる充実を目指しています。

コーポレートガバナンス体制および内部統制の仕組み

役員一覧

コーポレートガバナンス報告書

ページトップ