1. 建築・設計関係の方
  2. 株主・投資家の方

※品番や柄名を入力してください。数字品番は完全一致のみです。
※廃番後1年まで検索できます。サイト内検索はこちらから

ステークホルダーとの関わり

ステークホルダーとの関わりに関する基本的な考え方

当社は、広く社会に信頼される企業として、「法令や社会秩序を守った、公平で透明性の高いコンプライアンス経営」、および「ステークホルダーとのコミュニケーション」が重要であると経営方針で定めています。その方針に基づき、すべてのステークホルダーの皆さまに対して、会社情報を公平かつタイムリーに開示することを基本方針としています。

お客さまとの関わり

製品の安全に関する自主行動指針

当社では、『品質経営の最重要課題は、安全・安心な製品をお客さまにお届けすることである』と考えています。その実践のため、製品の安全に関する自主行動指針を以下の通り定め、製品の安全確保と情報公開に努めています。

  1. 法令の遵守
    当社は、消費生活用製品安全法、その他の製品安全に関する諸法令、関連法令ならびに製品の安全に関する最新情報を全社に周知徹底し、法令を遵守いたします。
  2. 製品安全確保への取り組み
    当社は下記を含む製品の安全に関する自主行動計画を策定・運用し、継続的な改善を推進し「お客さま重視」、「製品の安全確保」の企業文化を確立します。

    当社は製品の安全確保のため、適正な品質管理を行うとともに、法令の周知徹底と遵守のため、全社員への教育を行います。

    当社はお客さまの声や市場の情報より当社製品、その施工並びに使用(誤使用を含む)に伴うリスクを抽出し、設計・開発、取扱説明書、警告ラベル、施工マニュアル等に反映させ、継続的な製品の安全性の向上を図ります。
  3. 製品事故への対応
    当社は当社製品に関わる事故について、その情報をお客さまから積極的に収集するとともに、お客さまに対し適切な対応と情報提供を行います。

    当社は当社製品に関わる重大製品事故が発生した時には経営トップに報告し、拡大被害防止のための処置を迅速に実施するとともに、法令に基づき所轄官庁ならびに関連機関への報告を速やかに行います。

    当社は製品事故に関し、必要と認められるときには製品の回収を直ちに行うとともに最適な方法を用いて速やかにお客さまに告知いたします。

バリューチェーン協業

バリューチェーンにおけるステークホルダーとして、「販売店」や「施工店」の皆さまがいらっしゃいます。これらのステークホルダーとより強固なネットワークを構築するため、販売面では豊富な専門知識をもつ販売代理店網として「アイカ会」を組織し、販売・商品戦略の共有や販売店間の健全なコミュニケーションを図っています。また、施工面では「アイカ商品の施工を担っていただく企業」の組織として「各種施工店会」を設け、施工品質の向上や商品改良・開発に関する情報共有を行っています。

第32回 アイカ会全国大会の様子(2019年4月)

アイカ問合せセンター

当社製品をご採用いただくお客さまとの直接の接点として「アイカ問合せセンター」を設置しています。よりお役に立てる存在となれるよう、応対品質向上・提案力強化に努め、種々の施策を講じています。
2018年4月に「コールセンターシステム」を導入したことにより、スタッフの応対効率が向上し、応答率が大幅に改善しました。問合せ品目にあわせて適切なスタッフに電話をつなぐことも容易となり、応対品質向上にもつながりました。
また、2018年度から「テレマーケティング」を開始しました。お問合せ後のフォローアップをさせていただき、ご要望があれば訪問営業を行うなど、お客さまのご要望に合わせた応対をしています。
今後もより品質の高い応対を目指し、日々鍛錬するとともに、より満足いただけるサービスを提供できるよう努めます。

顧客満足度調査

当社の製品やサービスに対するお客さまのご評価をお伺いすることを目的として、2002年度から毎年、「顧客満足度調査」を実施しています。
お客さまからいただいた声を製品開発やサービスの向上に活かすため、調査結果から課題を抽出し、経営陣が確認した上で担当部門へ伝達し、対策を講じています。
2019年度の調査においては、全般的に高い評価をいただき、営業活動に対する評価も向上しました。今後も営業教育を継続的に実施し、更なる満足度向上に向けて注力していきます。

サプライヤーとの関わり

サプライヤーとの関わりに関する基本的な考え方

アイカグループが負うべきCSR(企業の社会的責任)を果たすためには、ステークホルダーの皆さまに、ご理解ご協力いただくことが不可欠であると考えています。調達活動においては、アイカグループとして責任ある行動を取ることはもちろん、サプライヤーの皆さまにもご協力いただき、CSR活動を推進します。
このような考えに基づき、2017年6月、従来の調達方針を大幅に改定し「アイカグループCSR調達ガイドライン」を策定しました。アイカ工業㈱とグループ会社であるアイカ・アジア・パシフィック・ホールディング社においてこのガイドラインへの同意を求める活動を開始しています。サプライヤーの皆さまとともにCSR活動をよりよいものにしていきます。

アイカグループCSR調達ガイドライン(日本語)
アイカグループCSR調達ガイドライン(英語)

バイヤー研修の実施

2019年3月、材料調達の主管部門である購買部が主催し 、各部門の調達担当者を対象とした「バイヤー研修」を実施しました。
調達担当者のCSR調達への知識を高めるとともに、サプライチェーンにおける CSR活動の推進に向けた方針を共有しました。

リスク評価

当社は、新規取引を開始する際には評価表を用いた評価を実施しています。総合評価点が弊社社内基準以上であることを契約条件とし、公的機関の認定・認証取得状況も観案した上で契約を結んでいます。
既存サプライヤーに対しても、新規取引開始時に使用するものと同じ評価表を用いて、年に1度の定期的な評価を行っており、取引継続基準を満たしているか確認しています。この評価に際して是正必要事項が確認された際には、現地視察による監査を実施し、是正指導を行います。
また、アイカ工業㈱では2020年4月より、サプライチェーン全体でのCSR活動の推進を目的に、サプライヤーとの新規取引契約を締結する際「CSR調達ガイドライン」への同意書を提出いただくことを義務化しました。

サプライヤーとのコミュニケーション

● 購売方針説明会

サプライヤーの皆さまとのコミュニケーションの場として、2019年6月に、「購買方針説明会」を実施しました。当社の会社方針を共有するとともに、CSR調達ガイドラインについて解説し、当社の取り組み事例を紹介するなど、CSR活動の協働に向けた取り組みを開始しました。

購売方針説明会の様子(2019年6月)

● CSRアンケート調査

CSR調達の理念の共有と実態調査(リスク評価)を目的に、2018年度より自己評価アンケート調査を実施しています。対象企業はメインサプライヤーを中心に、当社(単体)における材料調達総額の約70%を網羅するよう選定しました。
アンケート項目のうち最重要項目に対して基準点を設け 、 基準点以下の是正必要項目が発見された場合は当社従業員による監査(現地視察)を行います。優れた取り組みが確認された企業からはその方法を学び、是正必要事項が確認された企業に対しては指導・支援を行っています。今後も対話を継続することにより、相互のレベルアップを目指します。

<アンケート項目>
  • ● コーポレート・ガバナンス
  • ● 人権
  • ● 労働
  • ● 環境
  • ● 公正な企業活動
  • ● 品質・安全性
  • ● 情報セキュリティ
  • ● サプライチェーン
  • ● 地域社会との共生
<アンケート・監査対象社数>
年度 ①対象企業社数 ②有効回答社数 ③監査実施社数 ④監査実施比率
(③÷①)
2018年度 82社 79社 15社 18%
2019年度 105社 102社 12社 11%

調達におけるBCP(事業継続計画)

災害や事故発生時にも安定的な供給を行うために、主要な原材料は複数の購買先や拠点から購入し、代替品購入先の確保も実施しています。
また、当社製品に関しては、複数拠点での生産体制を構築するとともに、一定水準の在庫を確保するなどの対策をとっています。
これらの取り組みが功を成し、新型コロナウイルス感染症の影響が原材料調達に及ぶことはありませんでした。今後も災害や事故発生時においても供給責任が果たせるよう継続的に対策を検討し、各種施策を講じていきます。

製品の安全情報の提供

改正建築基準法の施行、学校環境衛生の基準改正、海外での化学物質規制などますます化学物質に対する関心が高まっている中、当社の事業全般がそれらに広く関わっています。
2019年度にお客さまから要請を受けて安全情報を提供した件数は1,990件と年々増加しています。
国内化学物質規制の調査、海外の規制化学物質の含有調査、海外事業が伸張する中での輸出貿易管理令に関連する書類依頼が上位を占めます。各国で制定される法令への問い合わせ、新たな化学物質などの調査依頼や情報提供など、サプライチェーンの一員としての責務を果たすため、関係部門で連携を取り、迅速でより正確な対応をしていきます。

株主との関わり

適切な情報開示と透明性の確保

当社は、広く社会に信頼される企業として、すべてのステークホルダーの皆さまに対して会社情報を適時適切かつ公平に開示することを基本方針としています。会社法、金融商品取引法などの関係法令および当社の株式を上場している証券取引所が定める適時開示規則を遵守し、ディスクロージャーポリシーに基づき情報開示を行っています。
また、関係法令および適時開示規則に該当しない情報についても、株主・投資家の皆さまの投資判断にとって重要であると考えられる情報については、公平性と適時性を鑑みた上で開示を行います。

各種情報開示書類

  • ・決算短信
  • ・有価証券報告書、四半期報告書
  • ・株主総会招集通知
  • ・報告書(株主通信)
  • ・コーポレート・ガバナンス報告書
  • ・決算説明会資料

アイカIRページ

株主・投資家とのコミュニケーション

当社は、株主との建設的な対話の実現を図るために合理的な範囲で積極的な対応を行っています。また、対話を通じて得られた意見・情報は取締役会へ報告し、今後の経営、IR活動への反映に努めています。
当社へのご理解と適切なご評価をいただけるよう、株主総会、総会後の懇親会のほか、アナリスト・機関投資家向けに年2回決算説明会を開催し、代表取締役より説明を行っています。また、個別面談や電話取材の申し込みに対しては、広報・IRグループが対応しており、その中で開示される情報の内容については、代表取締役、担当取締役の承認を得ています。

株主還元

当社は、株主の皆さまへの利益還元と会社の持続的な成長を実現するため、各期の連結業績、配当性向および内部留保を総合的に勘案した上で配当を行います。現中期経営計画「C&C2000」においては、連結配当性向50%を目処に、業績に連動した株主還元を実施しています。2020年度については、減益予想を新型コロナウイルス感染症による国内外経済活動の一時的後退という特殊要因によるものと捉えており、前年度の配当を据え置く予定です。
当社の配当は、中間配当および期末配当の年2回を基本的な方針としています。
内部留保資金の使途については、既存コア事業拡大の為の設備投資や、M&Aなど将来の企業価値を高めるための投資に優先的に活用するなど、長期的な視点で投資効率を考え行っていきます。

外部評価

FTSE Russellにより開発された代表的なSRIインデックスのひとつである「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に、2019年、初めて選定され、2020年も採用が決まりました。

株式会社日本取引所グループ/株式会社東京証券取引所および株式会社日本経済新聞社が開発した株価指数「JPX日経インデックス400」に8期連続で選定されました。

地域・社会との関わり

グローバルに事業を展開するアイカグループは、国内・海外を問わず、地域・社会とのつながりを大切にしています。地域雇用を促進するとともに、当社に寄せられた苦情に対しては真摯に向き合い、当社の事業活動に問題が発見された際は適切に対応します。
各生産・営業拠点での周辺の清掃活動をはじめ、地域の活動団体と協働してボランティア活動へ参加するなど、共生の理念のもと活動を続けています。

2019年度の主な取り組み

● アイカ・ラミネーツ・ベトナム社
愛知県立中村高等学校のベトナム研修に協力

学習指導・部活動・国際理解教育に注力した中村高校は、2019年度より国際理解コースを新設しました。本コースのカリキュラムの一環として、国際理解に関する教養を身につけるとともに、体験的かつ探究的な学習を通して、ベトナムの文化・歴史・経済・言語について理解を深めることを目的に、ベトナム研修旅行が実施されました。
その中で、ベトナムに進出する愛知県の企業を訪問し、グローバル社会において人とモノが国境を越えてどのようにつながっているかについて理解を深めるため、7月24日に生徒30名と引率の教員2名の皆さまがアイカ・ラミネーツ・ベトナム社に来社されました。
参加された生徒さんからは「将来自分で起業したいという夢があり、事業計画・設立計画等について聞くことで具体的に実感が湧きました」「企業の海外戦略の話を初めて聞き、お客さまへの丁寧な対応や会社を作っていく中での従業員採用等、努力の積み重ねの上に成り立つものなのだと大変さが分かりました」「海外進出での発展性はまだまだあると思いました」などの意見・感想をいただきました。

● エバモア・ケミカル・インダストリー社
植林地の清掃活動

エバモア・ケミカル・インダストリー社は、2010年以来、国立台湾大学実験林の9番目の森林区画の1ヘクタールを植林地として保有しています。毎年、植林地の清掃活動に訪れ、植樹した木々の見学を行うとともに、「家族の日」として従業員とその家族の交流機会を提供しています。
この活動を通じて、環境保全活動および健康への配慮の大切さを従業員と共有し、「グリーン企業」の実現を図っています。

社会貢献活動

● 拠点周辺の清掃活動 (国内・海外)

工場をはじめ、主要な国内営業拠点では、月に一度周辺の清掃活動を行っています。

● 河川の清掃活動 (国内)

地域の活動団体と協働し、主要拠点の近隣河川の清掃活動に参加しています。

<2019年度に参加した河川の清掃活動>
※新型コロナウイルス感染症の影響により、参加予定の一部活動が中止となりました。
活動名称 当社参加人数
春の藤前干潟クリーン大作戦 12名

● インターンシップ受け入れ

学生の企業研修として、アイカ工業㈱および一部の国内・海外グループ会社でインターンシップの受け入れを実施しています。

文化活動

当社は、信頼される商品の提供を通じて、建築文化の向上と発展に微力ながら貢献することに努めてきました。さらなる貢献を意図して取り組んでいるものに、「アイカ現代建築セミナー」の開催があります。このセミナーは、国内外の著名な建築家を講師に迎え、住宅・環境・都市空間など幅広い分野にわたってレクチャーしていただく文化活動として注目されています。
また、現代建築セミナーを開催している東京・大阪以外の地域では、毎年開催しているアイカ新商品発表会と同時に、国内外で活躍する建築家・デザイナーを講師としてお招きし、アイカデザインセミナーを開催しています。講演会が開催される機会の少ない地域で、好評を得ております。

詳細はこちらをご覧ください。

ページトップ