1. 建築・設計関係の方
  2. 株主・投資家の方

※品番や柄名を入力してください。数字品番は完全一致のみです。
※廃番後1年まで検索できます。サイト内検索はこちらから

2008年版「社会環境報告書」を発刊  アイカグループとしての社会性報告、環境パフォーマンスデータを充実

お知らせTOPへ

No.109A12

2008年9月11日



アイカ工業株式会社(代表取締役社長:渡辺修 本社:愛知県清須市西堀江2288番地 資本金:98億円)は、2008年版「社会環境報告書」を作成した。この報告書は1999年から毎年発行、今回で10度目となる。A4版、全50ページ。



  1. 環境報告書2008 表紙1.トピックス(p6〜7)

    当社は商品の原材料に多くの紙や木材を使用していることもあり、2007年度からは森林整備に注力している。
    2008年6月には愛知県と「企業の森づくり」協定を締結し、小牧市内の県有林で植生調査、下草刈、除間伐等を行っている。
    その他、森林ボランティア活動にも積極的に参加、活動をしている。
    また、本社ビル屋上に太陽光発電設備を設置、発電量は10,707kWh/年(予測)、CO削減量は約4t/年(予測)となる。


  2. 2.温室効果ガス排出量の削減(p28〜30)

    2007年度のアイカグループにおけるエネルギー使用に伴う温室効果ガス排出量は33,772t-COであり、2006年度と比較し309t-CO(0.9%)増加した。本社工場や甚目寺工場へESCO事業を導入し省エネルギー活動を展開したものの、関係会社のアイカハリマ工業(株)において新設の加西工場が稼働を開始したためである。
    一方、物流部門においては、モーダルシフト(トラック輸送からJRコンテナや船舶輸送に替えること)に積極的に取り組んだ結果2,990t-COの削減効果を得た。(2006年度削減実績は3,161t-CO


  3. 3.品質、環境、労働安全衛生マネジメントシステムを国内全拠点で認証取得(p8〜10)

    国内では2004年度に関係会社や営業を含む全拠点で品質、環境、労働安全衛生マネジメントシステムを認証取得した。一方、海外生産拠点では2005年度までにインドネシアの2社、中国の1社が環境マネジメントシステムを取得している。
    2007年度は国内アイカグループの品質・環境・労働安全衛生マネジメントシステムを統合した。その結果、国内アイカグループ各社が共通の目的、目標を持ち、課題の改善を行うことにより、環境経営の基盤となるQ・E・O三位一体の取り組みがより強固になった。


  4. 4.環境配慮型商品の開発・販売(p36〜39)

    「環境への配慮」と「健康への配慮」をキーワードに環境配慮型商品を開発・提供している。
    2007年度の環境配慮型商品の売り上げ占有率は88.4%(2006年度は84.2%)と向上した。
    2007年度は環境配慮型商品として、厚生労働省のTVOC暫定目標値をクリアするネダ・木質フロア用接着剤「スーパーエコエコボンドSE−700」等を新たに開発販売した。また、未反応物による特有な臭気をなくしたポリエステル化粧合板「アイカノンスチポリ」の常備品対応色を3色から18色に拡大するとともに、アイカポリエステル化粧合板の全色柄(単色124色、柄物272柄 計396色柄)も対応可能とした。


  5. 5.VOC排出量の削減(p31)

    1990年から生産工程で発生するVOCの大気への排出抑制に取り組んでいる。
    これまでに、VOC排出量が多い本社工場に排ガス燃焼処理装置を4基、アイカハリマ工業(株)加西工場に同装置を2基設置している。
    これらの装置では排ガス中のVOCを燃焼させ、その熱を再利用することで省エネルギーにも寄与している。


  6. 6.文化・社会貢献活動(p19、23)

    1983年から国内外の著名な建築家を講師に招き「アイカ現代建築セミナー」を開催している。
    第56回目は2007年6月に、スペインの建築家ラファエル・モネオ氏と日本の建築家槇文彦氏を講師に迎え東京、大阪で開催し、延べ2,101名が聴講した。


  7. 7.今後の取り組みについて

    アイカグループとして、3つのマネジメントシステム(ISO−9001品質、ISO−14001環境、OHSAS−18001労働安全衛生)を三位一体で運用し、省エネルギー、モーダルシフト等による温室効果ガス排出量の削減、産業廃棄物発生量および排出量の削減、環境配慮型商品の開発・販売等についてより高い目標に挑戦し、環境経営の充実をめざすとともに、森林整備や「アイカ現代建築セミナー」の開催等を通じ社会貢献活動にも一層の注力をしていく。

>>2008年度環境報告書のページへ

資料請求方法



資料請求はホームページ・お電話・FAXにて受け付けています。

【社会環境報告書請求先】
アイカ工業株式会社 環境安全部
愛知県海部郡甚目寺町大字上萱津深見24番地
tel(052)443-5941  fax(052)443-5914
https://www.aica.co.jp/inquiry/environ_input.php

【リリースに対する問合せ先】
アイカ工業株式会社 本社 広報・IR部
愛知県清須市西堀江2288番地
tel(052)409-8088  fax(052)409-8057



【問合せ先】
アイカ工業株式会社 本社 広報・IR部
愛知県清須市西堀江2288番地
tel(052)409-8088  fax(052)409-8057

アイカ工業株式会社(東京駐在)広報・IR部
東京都練馬区豊玉北6-5-15アイカ東京ビル2階
tel(03)5912-2865  fax(03)5912-2806
http://www.aica.co.jp/



注)このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お 問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、ご覧になった時点で内容が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承くださ い。なお、最新のお問い合わせ先は、事業所一覧をご覧下さい。
>>事業所一覧
ページトップ