1. 建築・設計関係の方
  2. 株主・投資家の方

※品番や柄名を入力してください。数字品番は完全一致のみです。
※廃番後1年まで検索できます。サイト内検索はこちらから

日経WOMANなごや女性活躍推進プロジェクト
名古屋市女性の活躍推進認定・表彰企業による女性活躍のための交流会へ参加

お知らせTOPへ
No.117A20
2016年9月27日


 

日経WOMANなごや女性活躍推進プロジェクト
名古屋市女性の活躍推進認定・表彰企業による女性活躍のための交流会へ参加

 

 アイカ工業株式会社(代表取締役社長:小野勇治 本社:愛知県清須市西堀江2288番地 資本金:98億9,170万円)は、2016年8月24日、名古屋市公館で開催された「名古屋市女性の活躍推進認定・表彰企業による女性活躍のための交流会」(主催:日経WOMANなごや女性活躍推進プロジェクト、共催:名古屋市 総務局 男女平等参画推進室)に参加しました。
 本会は、名古屋市が「女性の活躍において先進的な取り組みをしている企業」として認定した企業のうち9社が、それぞれ「現状の成果と今後の課題」を発表し互いの取り組みについて意見交換を行ったもので、当社からは女性活躍推進プロジェクトリーダーで人事部課長の柴田幸二と、当社初の女性管理職で経営企画部広報・IRグループ長の高添香織が参加しました。
 本会の模様は、10月7日発売の日経WOMAN11月号(株式会社日経BP刊)ほか、日本経済新聞・中日新聞へも掲載される予定です。

news_0927_01.jpg

 

news_0927_02.jpg   news_0927_03.jpg
【座談会の様子】   【座談会で発言する人事部課長 柴田幸二】

 

会合は「座談会」と「交流会」の2部構成で行われました。

 第1部の座談会ではまず、9社の代表が「自社の課題とそれに対する取り組み」と、「ベストプラクティス」について発表しました。有識者代表として名古屋大学の束村博子教授と名古屋工業大学の藤岡伸子教授より、各企業の取り組みに対してご意見をいただきました。名古屋市からは総務局の松雄俊憲企画調整監から行政の取り組みの現状が紹介され、参加企業に対して「みなさんの先進的な取り組みを束ね、広めていくのが我々行政の仕事」とのお言葉をいただきました。産学官で力を合わせて「女性の活躍による企業活性化の『名古屋モデル』」を作っていくことが提唱され、参加者全員から賛同を得て座談会は修了いたしました。

 第2部では、日経WOMAN元編集長の麓幸子氏との各社個別の面談と、立食形式の交流会が行われました。交流会では現在の女性の活躍に対して高い問題意識を持つもの同士が職種を超え、活発に意見や情報を交換し合い、「課題とベストプラクティスの共有」が行われました。

本会の様子は、日経WOMAN(株式会社日経BP刊)のほか、日本経済新聞・中日新聞等へも掲載される予定です。是非ご覧ください。

【発刊/掲載予定日】

日経WOMAN 11月号  :  10/7(金)
日本経済新聞 名古屋支社版 朝刊  :  9/29(木)
中日新聞 夕刊  :  9/28(水)

 


以上
 

 

注)このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、ご覧になった時点で内容が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新の情報は、 こちらよりお問合せ下さい。

ページトップ