1. 建築・設計関係の方
  2. 株主・投資家の方

※品番や柄名を入力してください。数字品番は完全一致のみです。
※廃番後1年まで検索できます。サイト内検索はこちらから

建築家・渡辺真理氏を招き講演会を開催

お知らせTOPへ
2015年11月16日

 

建築家・渡辺真理氏を招き講演会を開催

建築家・渡辺 真理先生を講師としてお迎えし講演会を開催します。 是非、皆様お誘いあわせの上、お申込み下さい。※CPD単位(2単位)認定講座です。

 

【講師】
渡辺 真理 (わたなべ まこと)
群馬県前橋市に生まれる。
1977年 京都大学大学院修了
1979年 ハーバード大学デザイン学部大学院修了
磯崎新アトリエを経て、設計組織ADHを設立。
現在、法政大学デザイン工学部教授、設計組織ADH代表。

【主な作品】
NT(2000年)、兵庫県西播磨総合庁舎(2003年)、日本基督教団ユーカリが丘教会+光の子児童センター」(2003年)、白石市営第2鷹巣住宅シルバーハウジング(2003年)、アパートメンツ東雲 キャナルコート (workstationと協働、2005年)、真壁伝承館(2011年)ほか 

【主な著作】
『孤の集住体』(木下庸子との共著・1998年)、『集合住宅をユニットから考える』(木下庸子との共著・2006年)、『コラージュ・シティ』(翻訳1992年、改訳2009年)

【受賞歴】
JIA新人賞(2000年)、建築学会作品選奨(2000年)、JIA環境建築賞(2005年)、第17回日本建築士会連合会優秀賞、グッドデザイン金賞(2005年)、第47回BCS賞特別賞、建築学会賞、日本建築家協会賞(2012年)ほか 

【テーマ】
『建築×記憶  ―「ケンチク」と批判的地域主義』

151116_watanabe.jpg

現在のわが国の建築の状況は、「マンガ」がmangaとして国際語になっているように、kenchikuという国際語になりつつあるようにも見える。では果たして「ケンチク」の特徴は何なのだろうか。ケネス・フランプトンが80年代に提示した「批判的地域主 義」の理念を再考するところから、新しい建築=ケンチクの可能性について考えてみたい。

渡辺 真理
 

【日時】
2015年11月27日(金) 15:30~17:00 (開場 15:00)

【参加費】
無料(予約制・先着100名様)

【会場】
ウェスティンナゴヤキャッスル2F 青雲の間(東)
〒451-8551 愛知県名古屋市西区樋の口町3番19号 TEL:052-521-2121

151116_watanabe02.jpg


















【お申込方法】
参加御希望の方は必要事項をご記入の上、FAXにてお申込み下さい。
お申込み期限は、誠に勝手ながら2015年11月20日(金)までとさせていただきます。
(FAX:052-757-1062 「アイカ工業㈱ 設計推進部宛」)

申し込み用紙ダウンロード


【講演会に関するお問合せ先】
アイカ工業株式会社
設計推進部 担当:浅井
TEL:052-757-1055

ページトップ