株主還元・配当

配当方針

当社は、株主の皆さまへの利益還元と会社の持続的な成長を実現するため、各期の連結業績、配当性向および内部留保を総合的に勘案した上で配当を行っていく方針であります。中期経営計画「Change & Grow 2400」(2021~2023年度)においては、連結配当性向50%を目処に安定的な株主還元を実施してまいります。ただし、この配当性向は資産譲渡等の特殊・特別な損益を除外し、計算した親会社株主に帰属する当期純利益に対する配当性向としております。
当社の配当は、中間配当および期末配当の年2回を基本としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
内部留保資金の使途については、既存コア事業拡大のための設備投資や、M&A等将来の企業価値を高めるための投資に優先的に活用する等、長期的な視点で投資効率を考え行っていきます。
なお、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款で定めております。

配当金の基準日

中間配当 9月30日
期末配当 3月31日

1株あたりの配当金の推移

決算期2018年3月期2019年3月期2020年3月期2021年3月期2022年3月期2023年3月期(予想)

配当金

(円)

中間 42 47 49 49 50 50
期末 50 56 57 58 58 59
合計 92 103 106 107 108 109
配当性向(%) 50.1 50.5 54.4 64.9 53.8 52.5
  • 1株あたりの配当金の推移の図