化学物質・環境リスク管理

化学物質の管理

基本的な考え方

当社では、揮発性有機化合物(VOC)を含む有害な化学物質の排出・移動量の削減を化学メーカーとしての重要な責務と認識し、PRTR法対象物質の削減に取り組んでいます。近隣地域や外部環境に負荷をかけることがないよう、定期的な環境影響評価を実施しています。漏洩事故0件を年間目標に掲げ、様々な漏洩防止策を講じながら事業活動を行っています。

  • 「特定化学物質の環境への排出量の把握および管理の改善の促進に関する法律」(化管法)により、有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握、集計、公表する仕組み。

実績推移

対象範囲:アイカグループ国内全生産拠点

2017年度2018年度2019年度2020年度2021年度
74 73 72 69 69

環境法規の遵守状況など

2021年度において、国内アイカグループに対して監督官庁から1件の指摘があり、以下のように対応しました。

発生場所内容概要
アイカ工業(株)広島工場 排水COD濃度 監督官庁の工場立ち入り検査の結果、排水COD濃度が基準より1mg/L高かった。無負荷水の供給路を整備し、排水の状態を改善した。

近隣からの苦情と対応

2021年度において、国内アイカグループに寄せられた近隣からの苦情に対し、以下の通り対応しました。

発生場所内容概要

アイカ工業(株)名古屋工場

近隣でのタバコ吸い殻不始末

従業員が勤務後に自家用車で近隣路上に駐車し不始末に及ぶ。該当者を特定し、再教育を実施。また現場付近に駐車禁止の立て札を設置。

アイカテック建材(株)名古屋工場 夜間の騒音 発生源と推定されるサイロのベアリングを修繕するなどメンテナンスを継続。

アイカ工業(株)名古屋工場

工事足場設置時の騒音 工事実施の案内時間を過ぎて作業が行われていたため、工事業者へ設定時間内に完了するよう再周知。

環境事故の発生

2021年度、国内アイカグループにおいては、敷地外へ大きな影響を及ぼす事案はありませんでしたが、インシデントとなる事故が2022年4月に以下の通り発生しました。関係者の皆さま、監督官庁の関係者にご迷惑をおかけしないよう、グループ内で情報を共有し、対応を水平展開していきます。

発生場所内容対応
名古屋工場 設備の修繕工事にて、溶接の火種が設備地下ピットへ落下し、可燃物に着火して小火となった。 ピット内可燃物除去清掃を実施し、維持継続する。また、溶接時の周辺被覆徹底と水噴射、ピットなどの監視を強化するよう手順を変更した。

土壌、地下水調査

過去に有機塩素系溶剤、有害重金属などを使用した履歴のあるアイカ工業(株)および国内グループ会社の工場を対象に、2001年度から自主的に土壌、地下水の汚染状況の調査を開始し、2003年度までに完了しました。その結果は下記の通りです。

拠点名自主調査結果
アイカ工業(株)※2名古屋工場 環境基準適合
甚目寺工場 環境基準適合
広島工場 環境基準適合
茨城工場 環境基準適合
アイカインテリア工業(株)本社工場 環境基準適合※1
アイカハリマ工業(株)本社工場 環境基準適合
加西工場 環境基準適合
  1. アイカインテリア工業(株)が取得した工場用地にて、表層のみの調査を行ったところ、基準を超過するフッ素が1箇所(10m×10m)で検出されましたので、雨水などの浸透防止処置を行いました。
  2. 福島工場、丹波工場は土壌環境基準が設定されている物質を過去および現在不使用のため調査対象から外しています。

PCB保有・管理状況

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は蛍光灯の安定器などに使用されていましたが、カネミ油症事件(1968年)を契機にその毒性が社会問題化し、1972年以降製造中止となりました。その後、民間主導で全国39カ所で処理施設の設置が試みられましたが、いずれも住民同意が得られず、30年以上、処理されない状態が続きました。
2016年3月に、政府はこの事態を打破すべく、事業所ごとの計画的処理完了期限(最短で2018年度末)を遵守して一日でも早く確実に処理を完了するために、必要となる制度的な措置を講じようと閣議決定を行いました。
当社は基準に従い保管していたPCB廃棄物の処理を計画的に進めており、2021年に名古屋工場保管分の処理が完了し、残す茨城工場も、今年度中に処理完了予定です。